スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキル仕様改正と超総力戦

スキル仕様修正から初めての超総力戦が始まりました。
おさらいすると、基本的にスキル効果減少、SP使用量増加という修正でした。
これから考えて、超総力戦はかなり厳しくなるだろうと予想されたのですが、運営側もある程度修正を図ってきました。報酬目標スコア(チャンスガシャ・Sガシャの到達目標ですね)を下方修正してきました。

この結果、これまでとほぼ同じスキル構成・スキルLvで、これまで通りの報酬にほぼ到達できることがわかりました。ただヘビーインパクトなど、一部のスキルは下方修正が強いので、これまでぎりぎりだった場合は難しいケースもあるかもしれません。

ただもう一つの修正、SP使用量の増加、こちらの影響は強く残ります。
自分は超総力戦の際、SP回復ドリンク30と60を常備しているのですが、これまではSP回復ドリンク30を3つ使えばほぼ間に合っていました。
しかし今回はSP回復ドリンク30に加え、SP回復ドリンク60も常用しないと不足するようになってきました。
倍機で5回攻撃するため、アタックハイブースト×2、リニアハイブースト×2を倍機にかけているのですが、ここでのSP使用量増加分の影響は大きいですね。

今回の修正を受けて、戦闘時のSP回復ドリンクの所持量は3つずつですが、これをもう少し増やしてほしいと感じました。超総力戦はなんとかなるのですが、ボス戦時のSP使用量増加分への対応は厳しくなっています。
運営にはこの辺りの対応もしてもらえるといいですね。

スポンサーサイト

スキルの仕様が改定されました

昨日から特殊任務が始まりましたね。
今回も1週間。2-8ユニと2-8パイがもらえるので、まだユニが揃っていない人にとってはいい機会ですね。

さて、今回は重要な変更としてスキルの仕様変更が来ました。
概要は、「アクティブスキルはLvに関係なくSP使用量を統一する」というものです。
また、攻撃スキルの攻撃力アップの%も調整されるとのことでした。
実際ふたを開けてみると・・・かなりの改悪でした(--;

たとえばメガインパクトLv5はダメージ207%だったものが195%に。SPも16が19になっています。
ギガショットLv2はダメージ238%が227%に、SPが17から22になっています。
メガエリアなども軒並みダメージ減少、SP増加となっています。

ダメージ減少とSP増加ということは、ボス戦・超総力戦・制圧戦にかなり大きな影響を及ぼします。
制圧戦ではスキルを使える回数が減りますし、超総力戦・ボス戦ではSP消費量が増えます。

どれくらい影響が大きいかは実際に戦闘してみなければ分かりませんが、厳しくなったのは確かなようです。

タブレットPCでこのゲームを試してみる

また久しぶりの更新となってしまいました。
今日はちょっとプレイ環境についてまとめてみたいと思います。

昨日たまたま、家電量販店でHPのElitepad900というタブレットPCを触る機会があったので、SDガンダムオペレーションズができないか、試してきました♪

タブレットPCというのは、最近はやりの10型前後のタブレットと同レベルの重量でWindows8を搭載したPCのことです。
PCの汎用性と、タブレットの可搬性を併せ持った端末で、インテルのCPUを搭載しています。
通常のWindows8ですから、当然IEなどのブラウザも普通に動かすことができます。画面サイズも1200×800や、1333×768など、十分な広さを確保してあります。
タブレットなので、通常はキーボードやポインティングデバイスは別売りになっています。

さて、実際に触った感触ですが、メモリが2GBしかない(タブレットPCは通常2GB)にもかかわらず、普通にサクサク動作します。AtomというCPUで、パワー不足があるんじゃないかと思いましたが、ネット見たりした限りではそうした問題は特になさそうでした。

SDガンダムオペレーションズを起動すると、最初の読み込みは通常のPCより少し待たされます。読み込みが発生する場面では多少待たされることがありましたが、それがCPUのせいなのか、無線LAN環境のせいなのかは判別しかねます。

このゲームのUIは大きめなボタンが中心なので、タッチパネルでの操作はやりやすい方でした。
任務・総力戦と試してみましたが、どちらも問題なくサクサク進めることができました。
CPUパワーはそれほど必要としていないんでしょうね。
ただ総力戦では相手を選ぼうと思ったら攻撃に入ってしまったりと、うまく操作できないことがありました。
これは「マウスをのせる」という動作がタッチだとうまくいかなかったことが原因だと思いますが、じっくり使っていけば回避方法はあると思うので問題ないと思います。

また重量ですが、600グラム台の製品でしが、立って10分くらいプレイしてみたところ、特に腕に疲れを感じるというレベルではありませんでした。満員電車ではきついかもしれませんが、少しすいている車内や座っている場合などでは十分使えるといった印象を持ちました。

結論としては、Atom Z2760(これが積んであることが多いです)・2GBメモリを積んだタブレットPCでも十分快適にプレイできる、ということが分かりました。
今タブレットの購入を考えていて、SDガンダムオペレーションズもプレイしたいのであれば、いい選択肢の一つだと思います。
価格帯も5万円~7万円と比較的手ごろなので、サブのPCを探している方にもいいかもしれません(^-^)b

1週間ぶりの更新~ボス戦はやられっぱなし><

久しぶりの更新ですー。
今朝までで総力戦も終わってしまい、今日からはガンダムバトルコロシアム(GBC)のみ。
だいぶのんびりした週になりそうです。

GBCを進めつつ、時々総力戦もやる、というようなスタンスになりそうです。
というのは、総力戦の☆3ユニが欲しいというのもありますが、出てくるユニットに強力なパーツが付いてくることが多く、パーツを育てるのに持ってこいだからです。
GBCはプラチナやPPを多くもらえるイベントのため、パイロット育成にはいい期間になります。
一方で、超総力戦の週は赤ハロを多く落とすことから、ユニットの育成を進める期間になります。

そんなこんなで、今週はパイロット育成とパーツ育成を中心に進めていこうと思います。
もちろん、ボス戦も引き続き挑戦し、進展があったらまた報告したいと思います^^;

強化パーツ開発について

強化パーツ開発が実装されてからしばらく経ちました。
この辺りで1回、自分なりにまとめてみようかなと思います。

強化パーツ開発とは、パイロットのスキル付与と似ています。
パーツを付与したいユニット(ベースカード)に対し、素材となるユニット(素材カード)を合成することによって、新たなパーツを追加することができる、というものです。
パイロットのスキル付与と決定的に違うのは、付与したいパーツとは別のパーツがついてしまうことがある、という点です。この点が強化パーツ開発の面白い点であり、困った点でもあります。しかも、付与したパーツは削除できないところも重要ポイントです。

これらの点から考えると、強化パーツ開発は慎重に実行する必要があるといえるでしょう。
付与するなら最低でも☆3パーツ(○○フルカスタムもしくは○○フルアシスト)にしましょう。

さらに、☆3パーツをLv5まで育てると、条件解放パーツというものが付与できる可能性がでてきます。
詳しくはWikiにゆずりますが、新たな☆3もしくは☆4パーツが付与される候補にでてくるのです。
こちらの方がもちろん強力なパーツですので、条件解放パーツが出てから付与するのもいいのではないでしょうか。
さらにじっくり育てるなら、一旦、2-5や2-6などのユニットに条件解放パーツを付与してみて、成功してからメインのユニットにパーツを付与するのが確実でしょう。

パーツの削除ができない現在、あまり焦らずにじっくりパーツを育てるのがいいのかも知れません。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
Amazon
プロフィール

sdgundamop

Author:sdgundamop
SDガンダムオペレーションズの攻略ページへようこそ!
攻略以外ほとんど何もないページですが、ゆっくりしていってくださいね。

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。